人気ブログランキング |
 

2019年 01月 18日 ( 1 )

意匠性の高い床材を求めて!



本日は、床の素材選びから!
近年もっぱら床材の素材として取り扱いが多くなったのが=タイル

イタリアやスペインなどヨーロッパを中心に、
まるで天然石のような、表面仕上げのタイルが生産されるようになりました。

ちなみにタイルには、表面に釉薬(ゆうやく)が施された施釉タイルと、
釉薬が施されていない、無釉タイルの2種類があります。





d0091909_13261910.jpg
d0091909_13261975.jpg
d0091909_13262025.jpg





施釉タイルは、表面をコーティングする釉薬に含まれる顔料によって、
モザイクタイルなど光沢感のある色艶をはじめ、様々な色柄を作り出すことが可能。

無施釉タイルは、粘土自体の素地に顔料を練りこみ着色する手法により、
天然石の素地に近い色柄やテクスチャー=自然の風合いを表現することが可能に。

そういった事も頭に入れておいて、タイル選定されるのがよろしいかと。





d0091909_13485059.jpg
d0091909_13485079.jpg
d0091909_13485016.jpg






一方、タイルの色柄を忠実に再現した新素材も(↑)
最近では、コスパも高く施工の手間も簡単な新素材も注目されています。

現代のプリント技術を活用した塩ビタイル(ビニール素材)も完成度高し。
オフィスのOAフロアーや、クリニック、各種SHOP、住宅まで幅広く使用可能。

様々なタイル?の中から、適材適所で選定していきましょう。

ADVANタイル
ADVAN塩ビタイル




PSD 新春建築相談会開催中!
建築デザイン&インテリア相談、事前予約下さいませ。
詳しくは、プロスタイルデザインまでお問い合わせくださいませ。



気ブログランキング 本日の順位は?
 ←クリック!人気ブログランキング






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


プロスタイルデザインの建築デザイン&プロデュース
PSD AOYAMA INTERNATIONAL OFFICE
東京都港区南青山7-10-7-1F/2F/4F
TEL:03-5774-8288

こだわりの住宅デザインから、商業ビル、デザイナーズマンション、
SHOPデザイン、医院建築、オフィスデザイン、インテリアコーディネートetc.
お気軽にご相談くださいませ


by psd-blog | 2019-01-18 20:20 | PSDプロスタイルデザイン | Comments(0)