2017年 12月 09日 ( 1 )

ミラノ編、毎日がお腹いっぱい?!

2017' 人気ブログランキング、本日の順位は?
バナークリック(↓)コチラからどうぞ!

■→
人気ブログランキング049.gif

人気ブログランキングへ←どちらでもOKですよ→人気ブログランキングへ


***************************************



続、家具ショールーム~ミラノ旗艦店巡り

本日はドゥリーニ通りにある、日本でもお馴染みのコチラのブランドから。
イタリア家具と言えば、コチラのブランドをなくしては語れませんね・・・。




d0091909_14302011.jpg
d0091909_14313550.jpg




Cassina(カッシーナ)

一昨年、クリエイティブディレクターに就任したパトリシア・ウルキオラ。
ファッションの世界同様に、クリエイティブディレクターがブランドの方向性を決定

ショールーム空間のディスプレイ手法も大きく変わりました。
ウルキオラらしい、カラフルな色が加わった楽しげな空間構成に





d0091909_14302009.jpg
d0091909_14302089.jpg





今年でちょうど90周年を迎えたイタリアの雄= Cassina(カッシーナ)。
そんなカッシーナのラインナップの中で大好きな家具シリーズがコチラ(↓)

フィリップ・スタルクDesignの、VOLAGE(ヴォラージュ)シリーズのベッド。
日本でも発売されているのですが、WALLタイプのヘッドボードはたぶん新作か?!





d0091909_14464144.jpg
d0091909_14302064.jpg




クリエイティブディレクターのパトリシア・ウルキオラの手によって、
斬新な新機軸の新作アイテムを打ち出しているカッシーナ、やはり目が離せませんね。

Cassina ixc. 青山本店では~12/27まで「Regalo/Palma 掌上の小さなプレゼント」
ギフト向け作品を中心に取り揃えた、特設展示を開催中です。






d0091909_14525830.jpg
d0091909_14525810.jpg




そんなカッシーナを後に、まだまだショールーム視察行脚は続きます。
Google Mapももちろん不要!ミラノ市街はお任せどこまでも・・・。

ビア・ドゥリーニから→ビア・モンテナポレオーネ→そしてビア・マンツォーニへ。
イタリア高級家具の代名詞=Poltrona Frau(ポルトローナ・フラウ)ショールームへ!





d0091909_14592805.jpg
d0091909_14592893.jpg
d0091909_14592856.jpg
d0091909_14592804.jpg




イタリアを代表する高級車には、イタリアを代表する高級家具が似合います
ポルトローナ・フラウは、フェラーリやマセラッテイの内装カスタマイズも担当。

フェラーリのカーシートがオフィスチェアに

フェラーリ・デザインセンターでデザインされた、フラウとのコラボ家具。
初のオフィスチェアー=「コックピット」が今春発表されました(写真上)。





d0091909_15072569.jpg
d0091909_15072530.jpg




さらに、マンツォーネ通りから、フィリッポ・トゥラーティ通りに入ってすぐ(↑)

コチラ、最先端の工業技術で表現するイタリアンポップカルチャーを牽引
革新的なアイテムを世界中に広めた、イタリアンインテリアブランド!




d0091909_15072576.jpg
d0091909_15072536.jpg





Kartell(カルテル)のミラノ旗艦店にて
言わずもがな、コスパの高いかわいらしい華やかなインテリアアイテムが勢ぞろい。

気になったのが?写真の持ち運び自由のフロアーキャンドル(↑)
来春、日本にも新登場の予定だそうですよ・・・。

毎日がお腹いっぱいのイタリア出張、
できるだけ旬の情報をご紹介させて頂きます。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


プロスタイルデザインの建築デザイン&プロデュース!
PSD AOYAMA INTERNATIONAL OFFICE
東京都港区南青山7-10-7-1F/2F/4F

こだわりの住宅デザインから、商業ビル、デザイナーズマンション、
SHOPデザイン、医院建築、インテリアコーディネートetc.
お気軽に、コチラまでご相談くださいませ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]

by psd-blog | 2017-12-09 15:27 | PSDプロスタイルデザイン | Comments(0)