制限こそ、アイデア勝負で腕の見せ所!

2016' ブログランキングは?バナークリック(↓)どうぞご協力お願いいたします!
■→人気ブログランキング049.gif
人気ブログランキングへ←どちらでもOKですよ→人気ブログランキングへ

***************************************

本日は、都市型の住まいに密着

都市型というと?⇒制限のある敷地に、いかに効率よくプランニングできるか?
狭小地・変形地こそアイデア勝負、腕の見せ所です・・・。

d0091909_16273461.jpg

d0091909_16223668.jpg


世田谷区某所~20数坪の制限のある敷地が並ぶ分譲地(↑)
ずらりと同条件の敷地が並んでおりますが、建物形状はアイデア次第・・・。

d0091909_1627494.jpg

d0091909_16271120.jpg


制限があるからこそ、狭く感じさせない?より広く感じさせるテクニック
まずは、空間の抜け=視界の広がりを意識させることから・・・。

d0091909_170212.jpg

d0091909_16294269.jpg


階段室なんぞ必要ありません・・・。階段はもちろん見せる空間に(↑)
空間の一部にスケルトン階段があるだけで、視覚的空間は広がりますね!

d0091909_16594898.jpg

d0091909_16324451.jpg


空間を広く見せるテクニック?⇒定番ですが、LDKは直線的に配置
対角線の距離が長いほどに広く感じる!今回はバルコニーの壁面まで視界が延びる!

d0091909_1635356.jpg

d0091909_16355353.jpg


壁で覆われたバルコニーは、外部からの視線をカットする効果も・・・。
床はあえてファイバーグレーチングを敷いて、下階への光も考慮です。

d0091909_1638150.jpg

d0091909_16381296.jpg


ちょっとした配慮があれば、狭さは感じない・・・。
洗面~浴室の水廻り部分もガラスを多用、抜ける視線で広がりを

d0091909_16402745.jpg

d0091909_16435174.jpg

d0091909_16404272.jpg


高度斜線制限も容積が許す限り、斜線部分も斜線なりに活用
高さがなくとも、立派なウォークインクロゼットに・・・。

d0091909_16451032.jpg

d0091909_16452349.jpg


小さいからこそ=実はコンパクトで使いやすい(↑)
1.5帖の書斎でも、しっかり機能は充実です・・・。

敷地の制限がある建物こそ、実は出来上がると違いは一目瞭然!
都市型住宅には、小さな仕掛け?をしっかり取り入れて空間を構成していきましょう。

制限ある敷地でお悩みの皆さま、どうぞお気軽にご相談くださいませ040.gif

PROSTYLE DESIGN

2016’ブログランキングは?バナークリック(↓)どうぞご協力お願いいたします!
■→人気ブログランキング049.gif
人気ブログランキングへ←どちらでもOKですよ→人気ブログランキングへ

***************************************
[PR]

by psd-blog | 2016-07-12 16:56 | PSDプロスタイルデザイン | Comments(0)

<< 鮮やかなトスカーナイエローに導... 祝!OPEN~キッチンから広が... >>